Concept

私たちの国の、川と渓魚たちへ

 emotional bamboo fly rods

日本のフライフィッシングは繊細でテクニカルなものから豪快な大鱒釣りまで多彩です。美しい自然を舞台にしたゲームの相手は俊敏で力強く宝石のように輝く鱒たち。

 この至福の一日を楽しむために、どのような道具が相応しいのか。鱒幸竿はそんな視点からデザインしています。そして作者が辿り着いた一つの答えが『竹竿』でした。

 自由自在なラインコントロール。警戒心の強いイワナを驚かさない、ゆったりしたラインスピード。トリッキーな動きのヤマメとのやり取りも楽しめる、しなやかなシャフト。

毛鈎を飛ばし、魚を掛け、魚を寄せる。スタイリッシュなフライフィッシングの一連の動作を心豊かに味わい深いものにさせてくれる伝統的な竹竿・バンブーロッドを日本のフィールドにマッチした道具としてリ・デザインしました。

 フライフィッシングが何よりも好きな作者自身がほんとうに欲しいと思える、『振って楽しく、釣って楽しい、心に響くフライロッド』。そんなこだわりを持った竿を一本一本、丁寧にハンドメイドしています。

 記念撮影で脇に添えた時、渓魚の美しさをさらに引き立てる、控えめで趣のあるルックス。日本の魚に調和する、和のデザイン。それは過飾を排し簡素でありながらも端正な美を感じさせることでしょう。

Designer

Troutriver

埼玉県在住。

1965年生まれ。

14歳でフライフィッシングを始める。

2011年 鱒幸庵としてロッドビルディングを始める。

岩手へ移住して、釣り三昧の傍ら竹竿職人という夢に向けて邁進中。

  ブログ 我が心の川 をご覧ください。