troutriver 鱒幸庵

記事一覧(12)

バンブーロッド取扱い説明書

はじめにバンブーロッドは一般に繊細でデリケートなものと思われています。確かにカーボンロッドやグラスロッドと比較すると強度はやや劣るかもしれませんが、釣竿として使う分には十分な強度を持っています。かつてフライフィッシングの黄金期、竹が最良のロッド素材であり、その時代に釣法、道具、あらゆる事が確立され発展しました。フライフィッシングはバンブーロッドを前提に、基準にして発展してきたのであり、そう考えるとバンブーロッドを使った時に感じる心地よさ、『ちょうどいい感』? がうなずけます。スポーツ、レジャーの分野で自然素材の道具は化学製品に席巻されてしまい、過去の遺物、博物館の展示物になってしまいました。しかしフライフィッシングでは現代においてもバンブーは現役であり、最適最上の物とする声さえ多くあります。(決して『最強』ではありませんが)なぜいまだにバンブー素材はフライロッドにおいて最上と言われるのでしょうか?制作に手間がかかって高価だからか?自然素材から作られた工芸品としての美しさ、趣のある佇まいや釣り味、独特なゆったりとしたキャストフィール。所有することの満足感、などなど。愛用者からは様々な感想が言われます。多くのフライフィッシャーが「バンブーロッドを使うようになったら、他のロッドは使わなくなった」とも言います。その理由はおそらく、フライフィッシングという遊びの本質が、効率や成績や数値や順位や、そういったものを追求するものではないからなのでしょう。日々そういったものに追われ、疲弊した現代人が求める心のオアシスがこの遊びなのです。だからこそ、伝統的な、昔から変わらない道具が愛され続けているのでしょう。茶道を想像してみてください。丈夫だから、安価だから、軽量だからという理由でプラスチックやチタンの茶器を使う人がいるでしょうか? 貴方のランディングネットは銘木製ですよね?アルミやプラスチッックフレームのネットなんて誰も使いたがらないでしょう。そう、竿だって同じ事。やっぱり味わい深い自然素材がいいのです。一度お使いいただけば、きっと貴方もバンブーロッドの虜になるに違いありません。そして、気に入った道具はずっと永く使いたいもの。大切な(そして実際のところちょっぴり高価な)愛竿を末永くお使いいただくために、守っていただきたい事柄をまとめました。バンブーロッドの弱点それはずばり、ティップ(竿先から1ftくらいの間)とフェルール(とブランクの接続部分)です。ほとんどの破損はこの2か所で発生します。特にティップの折れがほとんどを占めます。フェルール部の破損はロッドの作りに問題がある場合もあります。ティップの折れを防ぐために最初に言ったように最大の弱点であるティップの弱さ、そこを使い手がいかに巧みにカバーするか。それ次第でバンブーロッドの寿命が決まると言っても過言ではありません。キャスト時、ファイト時、ランディング時、どんな時もティップに負荷が集中するような動作は避けましょう。また折れないまでも、限界を超えて曲げられたロッドは元に戻らず曲り癖がついてしまう場合があります。曲り癖はビルダーの手により加熱して力を加えることで矯正することができますが、加熱は6本のスプリット(竹片)を結着している接着剤を劣化させ、結果的にはティップの強度を低下させます。ですから少々の曲り癖にはあまり神経質にならない方がかえってロッドのためだと私は思うのですが・・・。曲り癖はバンブーロッドを扱い慣れているかどうかの目安でもあります。癖が付かない、ロッドに優しい扱い方を身に付けましょう。ティップを守るための作法・ティップに対して鋭角方向に引く力が加わるとティップ部だけに負荷が集中するので、そうならないように注意しましょう。例1、 ラインとリーダーの結び目がトップガイドに引っかかってラインが出ない時、手でリーダーを引っ張らないこと。例2、 キャストの際、ロッドがラインを引っ張っている段階でティップをキャスト方向に突き出すような動作をしないこと。例3、 アワセの際、ロッドを後方に突き上げるような動作をしないこと。アワセはロッドを立てすぎず、バットを跳ね上げるようにしましょう。例4、 掛けた魚を寄せる際、ロッドを立てすぎないようにしましょう。垂直より後方に倒すのは完全にNGです。荷重はロッドのバット部分で受け止めましょう。(写真参照)

鱒幸竿誕生秘話。そしてなぜ竹竿か。

って実のところ秘密でもなんでもありませんが・・・禁漁期に入ったのでこのタイミングで、と具合の悪かった所の手術入院をしており、病室で暇に任せてつらつらとこんな文章を打ってる次第です。この遊びをやっている者なら誰もが(私もそうでした)いつかは優雅に竹竿で釣りがしてみたい、と思わずにはいられません。サラリーマンだった私も限られた小遣いでなんとか竹竿を手に入れようと、オークションの中古品やら格安品を買ったり、ブランクからの半自作をしてみたりという事をしました。しかし納得の1本にはなかなか出会えませんでした。そんな中で粗悪品を掴まされてしまったり、期待していたアクションとかけ離れていたり、と結局ずいぶん遠回りして、高い授業料を払ってしまいました。安物買いの銭失いとはよく言ったものですね。しかもそれら2ケタの数のロッドのうち、2/3以上が折れました。この試行錯誤の時期に感じたのは、外国製のロッドは対象魚の平均サイズや釣り場環境の違いから、例え#3指定であっても、日本の渓流でイワナやヤマメを釣るには調子が強すぎて釣り味が面白くないということです。これはカーボンロッドでも同じですね。またある特定ヵ所で折れやすいということもわかりました。日本のビルダーのロッドも欧米のロッドのテーパーをお手本にしているケースが多いと思われますが、おそらくアマチュアの場合は大半がアメリカ製有名ロッド(テーパーの数値データーがネット上に公開されている)のテーパーで作成しているでしょう。ですから多くのロッドのアクションは僕にとっていまひとつ納得のいかないものだったわけです。最終的に僕が「いいな」と思えたのは中村羽舟氏の竿でした。軽くしなやかで、魚を掛けるとグリップの中まで深く曲がります。そしてキャストフィールも滑らかで何と言ったらいいか・・・「官能的」です。1本15万と高いので僕は2本しか持っていませんが、たくさん注文しているコアなファンもいらっしゃる様です。お話好きな中村さんの工房にたびたびおじゃまして、注文品の相談や羽舟竿の制作工程を楽しそうに熱心にお話しくださるのを見聞きするうちに、元々モノ作りが好きだった僕は無性に、自分でも竹竿をイチから作ってみたくなりました。中村さんは、竹選びから始まって、羽舟竿の制作方法を細かな部分まで、詳しく実演を交えながら教えてくださいました。そのご教授があったからこそ僕はバンブーロッドを作ることができました。そんなきっかけで作り始めた鱒幸竿なので、制作方法はもちろん中村さんをお手本にしています。一般的なバンブーロッドの製法とはちょっと違う部分もあったりします。しかし、ロッドアクションのカギとなるロッドテーパーは、鱒幸竿と羽舟竿とは全く別物です。その部分は釣りキチの自分が求める『日本の渓流のための自分にとって理想のフライロッド』を追求しています。テーパー数値は竿の個性を決める心臓部ですから、僕は中村さんに聞いたりしませんでした。それはあくまで個々のビルダーが自分で考え、熟成していくべきものと思っています。素材は、日本の渓魚には日本の真竹が最もマッチしていると思います。これは羽舟さんも同意見です。羽舟竿の独特のフィーリングは素材によるところも大きいと思います。元々自分が一番いいと思ったのが羽舟竿でしたし、僕が作る竿は羽舟竿に似ているかもしれません。でも僕は羽舟竿のコピーを作る気はありません。外見、コスメは自分が好きな『和』のデザインを意識しています(せっかく竹という日本的・東洋的な自然素材で作っていますし)。シンプルですっきりしていて、余計な自己主張はしない、周りの自然や渓魚と調和する、撮影時にヤマメやイワナを引き立てるようなデザインを考えました。 文字入れが漢字縦書きなのは、以前に喜楽のロッドでそういうのを見て以来「イイネ!」と思っていたからです。素材の真竹はより良い産地を開拓し、膨大な数の竹の中から「これは!」というものを厳選して採取しています。同じ数値で作っても使う竹によってはぜんぜんアクションの違った竿になってしまうのです。より良い竿を作るには原料竹の質が重要です。ビルダーはテーパー設計と原料竹の使い分け、火入れの具合等を組み合わせて、1本1本、お客の要望に合った様々な性格の竿を作ることができます。 そこがマスプロ製品であるカーボンロッドとの大きな違いです。 竹竿ならオーダーメイドで、自分だけの、世界でただ一本のスペシャルロッドを手に入れることができるのです。そんな点も竹竿の大きな魅力なのです。ですから、使い手の立場から考えれば、ビルダーと相談しながらオリジナル仕様の竿を作った方が絶対満足度が高いと思います。まあ、作る方にとっては既製品を並べてその中から選んでもらう方が楽ではありますが・・・僕は、頼んでくれた人が満足してくれて、喜んでくれることこそ作り手の喜びだと思うので、できるかぎりお客さんの要望に応えたいと思っています。

Bamboo Rodの取扱い説明書

バンブーロッド取扱い説明書鱒幸庵はじめにバンブーロッドは一般に繊細でデリケートなものと思われています。確かにカーボンロッドやグラスロッドと比較してしまえば強度はやや劣りますが、釣竿として使う分には十分な強度を持っています。かつてフライフィッシングの黄金期、竹が最良のロッド素材であり、その時代に釣法、道具、あらゆる事が確立され発展しました(特にドライフライフィッシング)フライフィッシングはバンブーロッドを前提に、基準にして発展してきたのであり、そう考えるとバンブーロッドを使った時に感じる心地よさ、ちょうどいい感覚がうなずけます。スポーツ、レジャーの分野で自然素材の道具は化学製品に席巻されてしまい、過去の遺物、博物館の展示物になってしまいました。しかしフライフィッシングでは現代においてもバンブーは現役であり、最適最上の物とする声さえ多くあります。(決して『最強』ではありませんが)なぜバンブーはフライロッドにおいて最上なのでしょうか?制作に手間がかかって高価だからか?自然素材から作られた工芸品としての美しさ、趣のある佇まいや釣り味、独特なゆったりとしたキャストフィール。所有することの満足感、などなど。愛用者からは様々な感想が言われます。多くのフライフィッシャーが「バンブーロッドを使うようになったら、他のロッドは使わなくなった」とも言います。その理由はおそらく、フライフィッシングという遊びが、効率や成績や数値や順位や、そういったものを追求するものではないからなのでしょう。日々そういったものに追われ、疲弊した現代人が求める心のオアシスがこの遊びなのです。だから、伝統的な、昔から変わらない道具が愛され続けているのです。茶道を想像してみてください。丈夫だから、安価だから、軽量だからという理由でプラスチックやチタンの茶器を使う人がいるでしょうか?一度お使いいただけば、きっと貴方もバンブーロッドの虜になるに違いありません。そして、気に入った道具はずっと永く使いたいもの。大切な(そして実際のところちょっぴり高価な)愛竿を末永くお使いいただくために、守っていただきたい事柄をまとめました。バンブーロッドの弱点それはずばり、ティップ(竿先から1ftくらいの間)とフェルール(とブランクの接続部分)です。ほとんどの破損はこの2か所で発生します。特にティップの折れがほとんどを占めます。フェルール部の破損はロッドの作りに問題がある場合もあります。ティップの折れを防ぐために最初に言ったように最大の弱点であるティップの弱さ、そこを使い手がいかに巧みにカバーするか。それ次第でバンブーロッドの寿命が決まると言っても過言ではありません。キャスト時、ファイト時、ランディング時、どんな時もティップに負荷が集中するような動作は避けましょう。また折れないまでも、曲り癖がついてしまう場合がよくあります。曲り癖はビルダーの手により加熱して力を加えることで矯正することができますが、加熱は6本のスプリットを結着している接着剤を劣化させ、結果的にはティップの強度を低下させる恐れがあります。ですから少々の曲り癖にはあまり神経質にならない方がかえってロッドのためだと私は思いますが。曲り癖はバンブーロッドを扱い慣れているかどうかの目安でもあります。癖が付かない、ロッドに優しい扱い方を身に付けましょう。ティップを守るための作法・ティップに対して鋭角方向に引く力が加わるとティップ部だけに負荷が集中するので、そうならないように注意しましょう。例1、 ラインとリーダーの結び目がトップガイドに引っかかってラインが出ない時、手でリーダーを引っ張らないこと。例2、 キャストの際、ロッドがラインを引っ張っている段階でティップをキャスト方向に突き出すような動作をしないこと。例3、 アワセの際、ロッドを後方に突き上げるような動作をしないこと。アワセはロッドを立てすぎず、跳ね上げるようにしましょう。例4、 掛けた魚を寄せる際、ロッドを立てすぎないようにしましょう。垂直より後方に倒すのは完全にNGです。荷重はロッドのバット部分で受け止めましょう。ロッドを横に寝かせると、ロッドの弾力が活かされ、バラシ防止にもなります。